内蔵脂肪ダイエット

内臓脂肪型肥満の原因を知り、改善していきましょう。

 

肥満には、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の2つの種類があります。

 

いわゆるメタボリックシンドロームと呼ばれるものや生活習慣病の原因となるのが内臓脂肪型肥満です。

 

あらゆる病気を引き起こしやすく、危険な肥満と言われています。

 

内臓脂肪型肥満は、内臓の周りに脂肪がたまり、お腹や腰周りに脂肪がついていきます。

 

特に中年以降の男性や、更年期以降の女性にも多いようです。

 

内臓脂肪は見た目ではわかりにくく、隠れ肥満とも呼ばれています。

 

お腹周りが気になりだしたら、注意した方がいいかもしれないですね。

 

腹囲(ウエスト)が男性なら85cm以上、女性なら90cm以上になってきたり、お腹がぽっこりと出てきているのに、脂肪をつまめなければ、少し危険信号かもしれません。

 

内臓脂肪が蓄積されていても、自分では測ることができませんので、危険信号が見えてきたら一度、病院へ行かれてみることをおすすめします。

 

でも、どうして内臓脂肪がたまってきたんだろう?って思いますよね。

 

内臓脂肪型肥満の原因として考えられるのは、まずは、食べ過ぎです。

 

人間は食べたものを消化して、それをエネルギー源として消費していきますが、摂取するエネルギーと消費するエネルギーが関係してきます。

 

摂取する量が多くなり過ぎると、すべてをエネルギーとして消費することができなくなり、それが中性脂肪となり、内臓脂肪としてたまってしまうようです。

 

特に基礎代謝が落ちてくると、消費する量も減ってきますし、食べ過ぎていたら、脂肪として蓄積される一方ですよね。

 

要するに、必要以上に食べ過ぎているということが原因なんですよね。

 

肉類などの脂っぽいものを食べ過ぎていませんか?自然と野菜類をあまり食べなくなっているかもしれません。

 

食べ過ぎていないと思っていても、高カロリーなものばかり食べてしまっている可能性もあります。

 

私は間食でスナック類を食べ過ぎていたり、甘いものもおいしいので、ついつい食事にプラスしてそういったものを食べ過ぎていました。

 

また、運動不足も内臓脂肪型肥満の原因のひとつのようです。

 

自分の体内で消費できないようであれば、運動などをして消費していくしかないですもんね。

 

でも、普段の生活の中でなかなか運動する機会って少ないと思います。

 

仕事で忙しい中、ストレスを感じることもあると思いますし、睡眠不足も内臓脂肪型肥満につながるようです。

 

内臓脂肪は皮下脂肪よりもたまりやすいようですが、反対に燃焼しやすいとも言われています。

 

食べ過ぎないよう日々の食生活の改善や少しでも体を動かし、運動することを心がけていくと、減らすことができますよ。

 

病気になってしまってからでは遅いですので、このグリーンベリースムージーなども取り入れながら自分の生活習慣を見直し、内臓脂肪型肥満を予防していきましょう。

 

グリーンベリースムージーのダイエット効果

 

 グリーンベリースムージーの詳細はコチラから

内臓脂肪型肥満は合併症を引き起こす可能性が高いので注意を。

 

体重が標準体重をオーバーしてきて、しかも、ウエストのサイズも大きくなってきたら、内臓脂肪型肥満の可能性が高いと言われています。お腹がぽっこりと出てき始めたら要注意です!お腹周りのサイズが・・・

 

続きを読む >>

 

内臓脂肪型肥満を判断するひとつとして腹囲を測定してみましょう。

 

肥満とは、単に体重が重たい状態のことではなく、体における脂肪量の割合が多すぎる状態のことを言います。脂肪にも2種類あり、皮下脂肪と内臓脂肪に分けられ、皮膚の下につく脂肪が・・・

 

続きを読む >>

 

内臓脂肪型肥満の効果的なダイエット方法とは?

 

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満、肥満には2つのタイプがあります。皮下脂肪型肥満は、皮膚の下に脂肪が蓄積していき、下腹から太ももにかけての下半身に脂肪がつきやすく・・・

 

続きを読む >>

 


[↑]このページの先頭へ | トップページに戻る [→]