内蔵脂肪ダイエット

内臓脂肪型肥満を判断するひとつとして腹囲を測定してみましょう。

 

肥満とは、単に体重が重たい状態のことではなく、体における脂肪量の割合が多すぎる状態のことを言います。

 

脂肪にも2種類あり、皮下脂肪と内臓脂肪に分けられ、皮膚の下につく脂肪が皮下脂肪、内臓の周りにつく脂肪が内臓脂肪です。

 

肥満も皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があり、後者の内臓脂肪型肥満が問題だと言われています。

 

内臓脂肪型肥満は、生活習慣病になる可能性が高く、命に関わるような危険な病気につながる可能性があるそうです。

 

中年以降の男性や閉経後の女性に多いと言われています。

 

肥満を判定するには、BMI値と呼ばれるものがあります。

 

BMI値は、体重kg÷(身長m×身長m)で計算した数値で、18〜25までなら標準ですが、25を越えると肥満と判定されます。

 

でも、BMI値からではどちらの肥満なのかわからないようです。

 

皮下脂肪型肥満は見た目から判断もできますし、皮膚の下にあるのでつかむことができますが、内臓脂肪は自分ではわからないんですよね。

 

ですので、隠れ肥満とも呼ばれているんです。

 

内臓脂肪型肥満を判断するひとつとして、腹囲(おへその位置ぐらいのお腹周り)があります。

 

男性は85cm以上、女性は90cm以上だと、内臓脂肪型肥満の可能性が高いと言われているんです。

 

また、メタボリック症候群の予備軍とも言われています。

 

最近、お腹周りが気になり始めた方、ぽっこりお腹になってきた方、測定してみたことありますか?

 

自分が気がつかないうちに内臓脂肪型肥満になっているかもしれませんので、一度腹囲を測定してみてください。

 

もしこのサイズを超えていたら、早急にダイエットを考えた方がいいかもしれません。

 

内臓脂肪型肥満は、腹囲を測定することで目安になります。

 

ただし、正確には判断できませんので、そのサイズを超え始めたら、病院でCTスキャンなどの精密検査を受けられることをおすすめします。

 

皮下脂肪は、脂肪をためて太ることで足腰や膝などへ負担をかけることにはつながりますが、内臓脂肪は悪玉ホルモンを排出するなど、血液や血管、そして、心臓にも悪影響を及ぼしてしまうそうです。

 

高血圧にもなり、中性脂肪を増やしたり、コレステロール値を上げたり…。動脈硬化、そして、脳梗塞などの怖い病気を引き起こしてしまうとも言われてるんです。

 

内臓脂肪型肥満になってしまう前に、ならないように日頃から心がけていくことが大切だと思います。

 

食事療法と少し体を動かすような運動をすることで予防することはできるようですし、できれば避けて通りたいところですよね。

 

最近は毎日体重を測るだけでなく、腹囲も測るようにしています。

 

自分の健康のことですから、自分で気をつけていきいましょう。