内蔵脂肪ダイエット

食べることで内臓脂肪を減らすお手伝いをする食品があるんです。

 

内臓脂肪が増える原因は、運動不足と食べ過ぎが大きな原因だと言われています。

 

減らすためには、毎日適度な運動とバランスの良い食事を摂るようにすると良いそうですが、運動すると脂肪燃焼するというのはわかるのですが・・・

 

食事して内臓脂肪を減らすってどういうことだろう?って思いますよね。

 

バランスの良い食事とはいえ、何を食べたらいいのかと私も思いました。

 

勿論、内臓脂肪を増やしてしまう食品もありますので、注意しないといけませんが、内臓脂肪を減らす食品があるんですよね。

 

まずは、飲み物から。

 

普段、何を飲まれていますか?

 

食事をしている時ならアルコールも欲しくなると思いますし、喉が渇いたらコーラなどの炭酸飲料、あと、仕事の合間にコーヒーや紅茶を飲んだりしていませんか?

 

アルコール類はカロリーも高く、炭酸飲料糖分の摂り過ぎに注意しないといけないです。

 

内臓脂肪を減らす働きがある飲み物は、プアール茶やウーロン茶だそうです。

 

プアール茶に含まれるカテキン、ウーロン茶に含まれるポリフェノールやカテキンには、脂肪燃焼を助けてくれて、減らす働きがあるそうですので、それを聞いてから、コーヒーや紅茶を控え、メタボメ茶を飲むようにしています。

 

そして、気になる内臓脂肪を減らす食品。

 

ご飯は、白米よりも玄米の方が食物繊維も多く、良いと言われています。

 

栄養バランスを考えた時に、動物性たんぱく質も必要な栄養素なのですが、肉よりも魚から摂るようにしましょう。

 

脂質の少ない白身魚なら、タラやヒラメ、カレイなど、青魚なら、サバ、イワシなど、内臓脂肪を減らす効果があるそうです。

 

イカやタコ、貝類も脂肪燃焼を助ける効果があるようですので、魚介類を主菜にもってくるといいかもしれません。

 

副菜は、野菜類をたっぷりと摂るといいようです。

 

海藻類やキノコ類も食物繊維がたくさん含まれていて、しかも、低カロリーですのでダイエットには最適です。

 

ニンジン、トマト、ほうれん草、ブロッコリー、豆類など栄養も豊富です。

 

果物も糖分が気になるところですが、クッキーやチョコレートなどの菓子類を食べるなら、果物を食べる方がいいんですよ。

 

特に、バナナやキウイは脂肪の燃焼を促進してくれるそうです。

 

また、糖分や脂肪の吸着を弱める働きがあるんですよね。

 

ダイエット中は間食や甘いものは避けた方がいいのですが、でも、やはり、私も食べたかったですので、寒天やゼリー、また、ヨーグルトにフルーツを入れて食べていましたよ。

 

多少の我慢は必要かもしれませんが、食べることで内臓脂肪を減らす手伝いをしてくれる食品がたくさんあることがわかります。

 

絶食などの食事制限や食べれないことはストレスにもなりますので、メタボメ茶を飲みながらうまく食べて、脂肪を減らしていきましょう。

 

メタボメ茶のお試しはコチラから

 

 30日間返品保証付きメタボメ茶の詳細はコチラから