内蔵脂肪ダイエット

体脂肪と内臓脂肪、たまると危険なことになります。

 

体脂肪というと、少しマイナスイメージを思い浮かべてしまいますが、体にとって大切な役割も持っているようです。

 

活動のエネルギー源であったり、体温を保持してくれたり、外的衝撃から体を守ってくれたり、ホルモンの働きを正常に保ってくれたりなど、なくてはならないものなんですよね。

 

でも、やはり心配なのはこの体脂肪が増えすぎると、生活習慣病を引き起こす原因となるので、適正な体脂肪率を保つことが健康にとって重要なことのようです。

 

気になる体脂肪の目安ですが、一般的に健康とされているのが、男性の場合は10〜19%、女性の場合は20〜29%と言われています。

 

それ以上の数値になってくると肥満ということになるそうです。

 

この体脂肪には2つの種類があり、内臓脂肪と皮下脂肪に分けられます。

 

皮下脂肪は筋肉の外側、皮膚の下につく脂肪で、内臓脂肪は名前の通りですが、内臓の周りにつく脂肪です。

 

体脂肪の中でも、生活習慣病と関係してくるのがこの内臓脂肪。

 

内臓脂肪がつきすぎると、糖尿病、高血圧症、高脂血症などになりやすく、次にこれらの病気が動脈硬化を引き起こす可能性が高くなるそうです。

 

さらに、動脈硬化を起こすと脳血管障害や心臓血管障害といったさらに危険な病気になりやすいようです。

 

まさか内臓脂肪がたまるとこんな病気へとつながるなんて、思いもしませんし、怖いですよね。

 

体脂肪の中でも特に内臓脂肪のつきすぎには注意ですね。

 

でも、内臓脂肪は見た目ではわかりませんし、どれくらいたまっているのか知るには、病院で腹部CT検査をしてもらうしか方法はないのですが、お腹がぽっこりしてきたら要注意かもしれません。

 

あと、肥満を判定するする基準のひとつとしてBIM値というのを聞いたことがありませんか?

 

BMI値の出し方は、体重[kg]×(身長[m]×身長[m])

 

例えば、体重が80kg、身長170cmの方の場合、
BMI値=80÷(1.7×1.7)=27.68
このBMI値25以上になると、肥満と判定されてしまうんです。

 

さらに、BMI値25以上かつ、ウエスト(腹囲)が男性が85cm以上、女性が90cm以上あると、上半身肥満の疑いありということで、この上半身肥満の疑いがあると、内臓脂肪がたまっている恐れがあるそうです。

 

一度自分の数値を出してみるといいかもしれません。

 

ひとつの目安になりますし、自分の今の状態を知るにもいい機会かと思います。

 

体脂肪の中でも内臓脂肪はつきやすい反面、落としやすいとも言われています。

 

食生活や適度な運動を取り入れることで改善していくことができますので、まずは自分の体のことを知り、日々できることから始めていくことをおすすめします。